--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.03.05 10:19

さてさて講座しばらくストップしてましたね

今日はMDM(マスターデスマリオネット)を狩ってみましょう

んー、ソロだと少し広いですが
普通のデスマリよりはましですね
ここは一定の回り方もできるので
慣れたらどんどんおいしくなります

ちなみにレオでは
73・4から狩ってます
このころはミスが多いですがね。
でもレジがある程度ないとダメです
自分は体力強化で何とか乗り切ってますが。

レジは最低1。
その場合HPが1300後半から1400以上はないとたぶん即死です。
1500あれば安心でしょう
レジがないと相当なダメージを食らいます。


では狩りルート
MDM


回り方は図のとおり。
段ごとに撃滅していくというパターンです。

ポイントは緑の丸の場所。
ここは足場からスレスレの場所でおちると
その下の白色の丸のついてる足場に乗れます
そうすると一番下まで降りてまた上る・・・という作業が節約できます

スレスレでのおり方はジャンプしてスレスレで落ちる
というやり方がいいでしょう
もしくは普通に降りて
→キーを押しっぱなしにするとのれます
その際は落ちてる最中にスキルをかけてはいけません。

一番下を狩った後のルートはあえて左のロープを選んでみました
そっちのほうがロープを上りやすいのと
そこの段での往復作業をなくすためです。

3つの白丸は安置。
ここからヒールアタックなりレイなりで一方的に攻撃できます
上りにくかったらテレポでひょいっと上っちゃいましょう
薄緑の線の場所は完璧な安置場所=放置場所
そしてch変えたときに現れる場所ですね

ここでの優先事項は
死なない>落ちない>敵を狩る
です。
段から落ちてしまうと効率が下がってしまいます
テレポなどで自分を常に内側に移動させつつ狩りましょう

ところどころにロープがあるのでスキルのかけなおしはそこで。
狩ってる途中できれることのないように。

こんなとこですかねぇ
スポンサーサイト

| レオの狩り講座 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2007.02.19 15:05

さてさて。

クレの時期に狩るものといったら提灯しかないのですが・・・

人気狩り場なだけに、狩場とれない事も多いでしょう

今回注目したのは
昔はめっちゃ人気のあったクーリゾンビさんですw

昔はかなり人気の狩場で
どこもあいてないっていう状況だったんですけどねえ。。
パッチでマップが変わってから
めっきりと人が来なくなってしまいました

もはや閑古鳥状態です

マップ変わったからもう無理っぽい・・・
って、そんなことないですよ?w

確かに前のような効率は望めませんし、提灯よりは断然劣りますが
気分転換などにはいいと思います

前は死森4が人気でしたが、今は1か2がいいでしょう

では死森1から狩りルート紹介
死森1


青ルートと赤ルートを交互に狩っていきます。
下にある二つの溝(赤丸)にはいれば上の赤丸にもどれるので
青→上もどる→赤→上もどる→青→・・・
と狩っていくわけです

ここは広いので、テレポ移動が主になります
テレポによって段差も楽に進めます
この狩り方をするとテレポの消費が抑えられる感があります
ゾンビはあまりMPがないのかドレインだけじゃ追いつきません
いくらかMP薬を持っていきましょう。

二人で狩るなら赤と青で分けて。
三人なら、右上下1人・左上下1人・真ん中1人でかるといいのではないでしょうか。


続いて死森2。
死森2


こちらは幾分狭いですが沸き方は1のほうがいいような気がします
まぁ、そこは好き好きですね。

ここでもワープを利用して狩ってみます
下のほうが沸きがいいようなので
黄→黄→赤→黄→黄→赤→・・・
と狩っていくと敵が少なくて無駄足。ってことは少なくなるかと。

また、ワープを使わずに
赤と黄色のルートの部分をぐるぐる回るのも手かもしれません

グル狩りならば上下で別れるのがいいでしょう
その際殲滅力のあるほうが下です
3人なら、下を半分に分けましょう

こんなところでしょうか。
毒は厄介ですがイスに座れば大概は死なずに済みます
間違ってもはしご放置なんてしないように。

チャリクエ品も売るなり使うなりできるし
低価なものばかりですがドロ品も多いです。

狩場は遠いですがいっかいいってみたらいかが?
閉鉱書はまた後日書くつもりのジャクムダンジョンについてみてください

| レオの狩り講座 | コメント(2) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。